ナースが不足している?

少子化と高齢化が同時に進んでいる日本で危機とされ続けているのが医療機関の労働力の不足です。
社会的媒体でも深刻な問題として話題にされることが急激に増加しています。
ナースに憧れ、競争率の高い国家資格を手にすることができたのに、職場を去る人が少なくなりません。
その原因には、憧れと現実の差が思っていたよりも大きかったということがあるのでしょう。
産業看護師は従業員の健康が保てるように保健指導とかうつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのはほとんど不可能です。
興味を持った人は看護師転職サイトを活用してください。
看護士転職サイトには、産業看護師の求人などもたくさん掲載されています。
看護士がすることのできる医療に関連した行為は、これまで、特定の場合のみ、行われていました。
ですが、ドクターの数が足りないという理由もあり、即座に対処すべきことが行えるように気管の点滴を行うなどの一部の医療に関係する行為が許可される予定です。
行えるようになったことは、定められた研修の期間を経て、失敗しなくなってから自己判断で実行に移せるのが特色です。
医師がされていたことを看護師がするようになり、仕事内容が充実化しています。
様々な業務に加え、相次ぐ患者の急変への対応に追われ、休みづらく、帰宅できない日も増えているそうです。
結婚や出産をした人の立場からみれば、家事と子供を育てることに加えて仕事は、きつ過ぎます。
以前にもまして離職者が増えてしまい、看護師不足の問題は解消されません。
看護師資格を得るための国家試験は、年1回行われます。
看護師不足が問題だとされている日本にとってはハッピーなことに、ここ数年の看護師資格の合格する率は90%前後ととんでもなく高い水準を維持している。
看護師の国家試験は、大学入学のような落第させるための試験ではなく、一定のラインをクリアしてしまえば合格する試験です。

マイナビ看護師登録