リフォームローン高齢者でも借りられる?

リフォームと言っても、部屋の模様替え程度のものから、生活スタイルを一新するような規模のものまで様々です。
また、太陽光パネルの設置や省エネ改修と言った工事もリフォーム。
高齢者向けの「バリアフリー改修工事」ももちろんリフォームです。
では高齢者であってもリフォームローンは組めるのでしょうか。
答えは「できます」。
住宅金融公庫では、高齢者向けのリフォーム融資で、バリアフリーの工事を高齢者が行う場合に限るそうです。
この時の高齢者というのは60歳以上79歳までです。
元本は、ローンの契約者が死亡した場合、物件を処分するか、相続人が一括返済するしくみなのだそうです。
バリアフリーに改修すれば暮らしやすくなること間違いなしですし、思い切ってリフォームを考えられてはいかがでしょうか。