住宅ローン金利安いのと景気の関係は?

景気の回復を願っていろいろな政策がとられている今日ですが、住宅ローンも景気の回復とともに、金利が上がっていくことが予想されています。
しかし、一気にこの不景気の時代が回復に向かうことを考えることはできませんから、一定の期間はこの低金利の住宅ローン状態が続くと考えられています。
もちろん、景気が回復するにつれて、金利の安い住宅ローンは終わりを迎えます。
しかし、それに伴って、土地などの値段も上がることになりますから、現在の段階で住宅ローンを払っている方であっても、最悪の場合には、それら土地を売ることが出来ますから、あまりマイナス的な思考を持って心配しすぎることはないと言えるでしょう。
土地や家屋を持っていても損はない時代と言うことです。