フラット35金利の比較は大事?

フラット35では返済期間(20年以下・21年以上)や融資率(9割以下・9割超)によって金利が変わります。
返済期間20年以下の場合、融資率9割以下の金利範囲は1.
200%から1.
820%、9割超は10330から2.
550%、21年以上融資率9割以下は1.
470%から2.
070%、9割超は1.
600%から2.
220%となっており、実際に貸し出される際に適用される金利は金利幅の最小融資率が多いようです。
又、返済期間が36年以上50年以下の「フラット50」という融資もあります。
こちらの金利幅は、融資率9割以下で2.
080%から2.
830%、9割超で2.
210%から2.
960%、一番多い貸出率は9割以下で2.
330%、9割超で2.
460%となっています。
銀行比較でフラット35の最安金利は?